Archive for the ‘「水広場的」起業’ Category

設立記念日に感謝をこめて

2004年の今日、東京法務局で当社設立の登記申請をしました。 会社をたちあげるのに必要な作業はほぼ全部自分自身で行ったのでいろいろと記憶しています。 会社法改正前で株式会社には資本金1千万円が必要でしたが、こちらはそれま […]

水のアカデミー賞

アメリカ、ウェスト・ヴァージニア州の片田舎、バークレー・スプリングスでは毎年世界的イベントが開催されます。 Berkeley Springs International Water Tastingといって、世界中の水(ミ […]

高級紙という名の低級

フェイスブックが胡散臭いことは昨年書きましたが(https://www.mizuhiroba.jp/blog/?p=1299)、たまたまニューヨークタイムスを読んでたらフェイスブックに批判的なオピニオン記事がありました。 […]

プラスチック狂騒曲から透ける保守思想の重要性

今欧米で何かと騒がしい。そう、ボトルドウォーターのプラスチック容器のことです。 どこかのNGOが始めたキャンペーン、ペットボトルのボトルドウォーター(日本的に言うとミネラルウォーター)の多くから2μ程度(1ミリの千分の2 […]

QBハウス

QBハウス運営会社が上場しました。 10年程前でしょうか、創業者の小西さんと知り合ったのは水がきっかけでした。 既にQBハウスをオリックスに売却していた小西さん、「前から水にも関心があったんだ」とご自身の水事業を紹介して […]

今そこにある水危機

http://www.theguardian.com/environment/2015/aug/27/middle-east-faces-water-shortages-for-the-next-25-years-stu […]

ケンフェ!?

ヨーロッパが物騒です。 僕が記憶している90年代の欧州とは違った空気に満たされているようにも見えます。 僕があちらに居た頃、最初は93~95年のドイツ、僕にとって直接的に物騒な主役はネオナチでした。 デュッセルドルフの自 […]

ニュージーランド水源

2004年、ニュージーランドの水源を5か所を巡り、断トツのブルースプリング源泉の鉱泉水を商品化しました。 それから11年。最近は新たな水源工場が稼働を開始しています。 その中のひとつがカウリ・スプリングス。北島北部の自噴 […]

あっという間の10年

弊社創造によるブルースプリングの発売開始からこの6月で10年。 皆様のおかででニュージーランドの名鉱泉を受け入れて頂き、感謝以外に的確に心情を表す言葉が見当たりません。 リーマンショックで輸入水が破滅的にダメージを受け、 […]

下水道がエネルギーという身近な例

今日のNHKで下水が宝である所以を放送していました。まさにそのとおり、中でも都市部で一番ありがたいのがヒートポンプだと思います。 何年か前、地下水利用のHPの事業化を検討したことがありました。産総研や東京大学を訪ねて勉強 […]