ミネラルウォーター(水)の基礎知識 -水広場-

ミネラルウォーターって何?

人体の約2/3の量(約65%)は水でできています。
体内の体液の比率は、細胞内液として2/3、細胞外液(血液など)で1/3となっています。水は生命にとって必要不可欠な成分です。人は平均的に1日に約2.5リットルの水を排出し、食事や体内合成からおよそ1.3リットルの水分を摂取しています。したがって、1日に約1.2リットルの水を補給する必要があると言われています。

ミネラルウォーターの話に戻りますが、ミネラルウォーターとはい ったい何でしょう?
「ミネラルが入っている水」、「天然の水」、「おいしい水」または「体によい水」など、人によって答えは異なると思いますが、国内における定義は、1990(平成2)年に農林水産省が制定した「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によって定められています。

またこのミネラルウォーターの分類も国によって異なり、例としてミネラルウォーターの先進国のヨーロッパではコーデックス規格(CODEX)があり日本の分類と違います。
この様に一口にミネラルウォーターといってもなかなか奥深いものであることが伺えます。
このセクションではミネラルウォーターについての基礎情報を集めましたので、みなさんのご参考にお役立て下さい。

↑トップに戻る