能登の里山サイダー青のしずく 340ml×12本 【産地直送】【地サイダー】

地元でとれたブルーベリーがおいしい、とっておきの地サイダーです

能登の里山サイダー青のしずく 340ml×12本 【産地直送】【地サイダー】

購入

価格:3,218税込

数量 送料別

「能登の里山サイダー 青のしずく」

「能登の里山サイダー 青のしずく」は、北陸最大級のブルーベリー産地・能登町の青い宝石のように美しく甘酸っぱいブルーベリー果汁を一部使用した爽やかな味のサイダーです。

能登町産ブルーベリーは過疎化が進んだ奥能登で休耕田が増える中、旧鳳至郡柳田村(現鳳至郡能登町)の熱い夢追い人が立ち上がり、ブルーベリーを植栽したことに始まり、能登町は「ブルーベリーの里」と知られるまでになりました。

「能登いらんかいね」など、名水が豊富な能登地方。清冽な水と地元でとれたとびっきりのブルーベリーの組み合わせがとても嬉しい逸品となっています。

「能登の里山サイダー 青のしずく」は甘酸っぱく、そしてスッキリとした飲み心地が特徴。
ブルーベリーに豊かに含まれるアントシアニン、爽やかなブルーベリーの味わいと共に吸収できます。
お子様からお年寄りの方まで、どなたにもお薦めできるクラフト(地)サイダーです。

姉妹品「能登 塩サイダー」とは?
能登では今から四百年以上前に「揚げ浜式」の塩づくりが始まりました。
桶で海水を汲み、人力で塩田まで揚げることから「揚げ浜式」と呼ばれるこの製塩法は、世界最古の製塩技術とも言われ、人力で汲み揚げた海水を、細かい砂を敷き詰めた塩田に手桶でまき、太陽の力で乾燥させ、塩分を含んだ砂を集め、さらに海水をかけて塩分濃度の高い「かん水」を集め、それを釜で煮詰めて塩の結晶を取り出します。
「潮汲み3年、潮まき10年」ともいわれる熟練した技術が必要とされる「揚げ浜式製塩法」が行われているのは、唯一、石川県珠洲市だけで、奥能登地サイダー「しおサイダー」はその希少な揚げ浜塩を使用しています。
こだわり塩を使っている「しおサイダー」は、水分と塩分を同時に補給できるため、熱中症にも良いと言われています。

商品基本情報

■商品名・サービス名
能登の里山サイダー青のしずく 340ml×12本 【産地直送】【地サイダー】
■品名
サイダー
■原材料
砂糖、ブルーベリー果汁、酸味料、ぶどう色素・クチナシ色素、香料、炭酸ガス
■商品サイズ
340ml

この商品に関するお客様の声